矯正歯科 | 阿佐ヶ谷駅徒歩2分 歯科 歯医者

矯正歯科

HOME > 口腔外科

当院の矯正歯科について

なぜ歯列矯正が必要とされているのでしょうか?

患者様の歯(歯周組織)を出来るだけ長期間健康な状態で維持する為の方法、その1つが歯列矯正です。

近年、学校歯科健診において、虫歯のチェックだけではなく、歯周病や歯並び、咬み合わせもチェック項目の1つとなっている事を存知でしょうか。それだけお口の中の健康が、全身の健康に大きな影響を与えている事が広く認識されるようになってきました。欧米では歯を見せた笑顔を大切にするだけではなく、発音への影響も大きいため、健康的で整ったきれいな歯並びが常識となっています。
日本ではお歯黒をして白い歯を見せない習慣があり、また、八重歯をチャームポイントとするなど、歯並びに対して意識の低い時代がありました。最近では見た目だけでなく、心身ともに健康を目指すため矯正治療を積極的に行う時代となってきています。歯列矯正は、口元の美しさという審美性と、歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な身体を作るための機能性を併せ持った治療法です。

さて、8020(ハチマルニイマル)運動という言葉をご存知でしょうか?「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。8020達成者は非達成者よりも生活の質(QOL)を良好に保ち、社会活動意欲があるとの調査結果や、残っている歯の本数が多いほど寿命が長いという調査結果もあります。ところが歯並びや咬み合わせが悪いと見た目だけの問題ではなく、80歳まで多くの歯を残すことが難しいという事が分かってきています。

歯列矯正は患者様の歯を出来るだけ長期間健康な状態で維持する為の1つの方法です。また治療後はお手入れがしやすい状態になりますので日々のブラッシングが楽に行えるようになり、虫歯・歯周病の予防にもなります。出来るだけ長くご自身の歯で美味しく食事を、そして素敵な笑顔を作る為のプランをご提案させていただき、またお手伝いをさせていただきたいと考えております。成人矯正では歯並びはもちろんのこと、崩れかけた咬み合わせを立て直したりすることを得意とする治療分野ですのでお気軽にご相談ください。

お子様の保護者の方へ

3歳児健診・学校健診で咬み合わせについて指摘を受けた方はご相談ください。

初回無料矯正相談のご案内

矯正治療の流れ

1. 矯正無料相談(30分~1時間)

矯正無料相談

歯並びや噛み合わせについてのお悩み、ご希望、ご質問などを伺います。また、お口の中を拝見し、大まかな治療内容、期間、費用についてご説明します。

2. 矯正精密検査(30分~1時間)

矯正精密検査

レントゲン撮影、顔写真、口腔内写真の撮影、歯型の型取りを行い、治療していく上で必要な事項を伺います。

3. 検査結果・治療計画の説明(30分~1時間)

検査結果・治療計画の説明

検査資料を元に、患者様の問題点はどこにあるのかを確認してから解決方法をご説明いたします。最終的な治療方法は患者様のご希望をふまえ検討していきます。

4. 治療開始

治療開始

お口の中に矯正装置を数回に分けて装着していきます。
(必要な方は治療開始前に虫歯と歯周病の治療を行います)

5. 月に1度の通院

月に1度の通院

通常1ヵ月に1度の通院で、矯正装置の調整(ワイヤーの交換など)を行います。

6. 保定

保定

歯の移動が終了したら、移動した歯が骨の中で安定するまで(一般的には少なくても2年以上です)保定装置を用いて安定を図ります。患者様ご自身で着脱を行う装置になります。この期間になると通院間隔は2~6ヵ月に1度になります。

7. 終了

終了

保定期間が終わると治療は終了となります。

8. フォローアップ

フォローアップ

保定装置を継続使用される方はフォローアップして参りますのでご安心ください。

白くて目立たない矯正装置「InVu」

当院ではセラミックブラケットとして矯正装置「InVu」を取り扱っております。

白くて目立たない矯正装置「InVu」

セラミックブラケット「InVu(インビュー)」は、日本人の歯にマッチする自然な色合いのブラケットです。従来の矯正装置と比べて格段に審美性にすぐれており、また、治療期間中着色も変色もほとんどありません。ホワイトワイヤーと併用することにより目立たない状態で矯正治療が可能です。

セラミックブラケット「InVu(インビュー)」の詳細はこちら»

矯正治療担当医紹介

矯正治療専門医 内田裕子
経歴
1999年3月  日本歯科大学 卒業
1999年4月  日本歯科大学附属病院  臨床研修医
2000年4月  日本歯科大学付属病院  矯正科入局
2015年11月  阿佐ヶ谷山口歯科  歯列矯正担当医(非常勤)
所属学会
日本矯正歯科学会 認定医
東京矯正歯科学会
日本顎変形症学会
日本臨床歯科補綴学会

認定医とは

日本矯正歯科学会における認定医制度は、矯正歯科医療の水準を維持し向上を図ることにより適切な医療を提供することを目的として1990年に創設されました。そのために、矯正歯科治療に関して適切かつ充分な学識と臨床経験を有し、この目的を遂行できる者を「学会の認定医」としています。

認定医の資格は、5年以上本学会に属し、学会が認めた大学の附属病院や矯正歯科医療機関において5年以上にわたり相当の臨床経験を有し、学術誌に矯正歯科臨床に関する報告を発表し、審査に合格した者に与えられます。更新は5年ごとに行われ、学術大会への出席や発表、および学術誌における報告を行うことが義務となっています。

矯正歯科Q&A

何歳ごろに相談、治療を始めるのですか?

 歯並び、噛み合わせがおかしいと気づいた時点で、歯科医師に相談される事をお勧めします。治療開始時期は、症状によって違ってきます。当院では初回無料の矯正相談を行っていますので、お気軽にご相談ください。

大人でも矯正治療できますか?

 矯正歯科治療に年齢の制限はありません。最近は、大人の方でも矯正治療を受けている方はたくさんいらっしゃいます。

矯正治療中、虫歯や歯周病にかかったらどうなるのでしょうか?

 虫歯や歯周病にかかってしまったらその治療を先に行います。当院では一般歯科も行っていますので、同時に治療する事も可能です。

矯正装置をつけたまま激しい運動は可能ですか?

 サッカ-、ラグビー、格闘技などの激しい接触をするスポーツの場合、そのままだと装置が壊れれたり、装置により口の中を傷つける恐れがあります。それらを防ぐために、激しい運動の前にマウスガードを使用していただいています。 あらかじめご相談ください。

ページの先頭へ